ページ内を移動するためのリンクです。

住友商事健康保険組合

文字サイズ変更
標準
大きく
最大
現在表示しているページの位置です。

健診・予防接種

被保険者とご家族の方の疾病予防と早期発見・早期治療として、下記のような健診事業を行っています(ただし、国内での受診が補助の対象です)。

総合健診( 人間ドック)・一般健診・婦人科健診のご案内

対 象 者 (●:該当) 人間ドック 受診券による
特定健診
一般健診 婦人科健診
被保険者 35歳以上 × ×
35歳未満 × ×
被扶養者 配偶者 35歳以上 × ×
35歳未満 × ×
上記以外 40歳以上 × × ×
40歳未満 × × ×

40歳以上の方は、特定健診または人間ドックの受診が推奨されています。
特定健診とは、生活習慣病(糖尿病、脂質異常症、がん、高血圧、脳卒中など)の予防と早期発見を主目的とした健康診断で、健診項目は法で定められています。受診券の対象者には、健保組合より、個別にご案内します。
一方、人間ドックは、様々診察や検査により体の状態を総合的に評価し、できるだけ詳しく健康状態を把握することを目的とし、特定健診の健診項目に加え、胃カメラ、肺機能、CT、MRIなど様々な検査を行います。
人間ドック・特定健診の健診結果に応じて、対象者には健保組合より『生活習慣改善プログラム』をご案内します。

《共通の留意事項》

予約手続 受診の申し込みは、各自で直接、医療機関に予約してください。
補助申請の期限 受診日から6ヵ月以内。(厳守)
補助回数 年度間(4月~翌年3月)に1回に限る。
補助申請の手続 メールによる補助申請を、受付けておりません。
検査結果等に「個人情報」が含まれているため、必ず書面での提出をお願いします。
補助の対象外 再検査・二次検査の費用
保険診療(健康保険証を提示して3割を自己負担する通常の診療)での受診
脳ドックやがん検診など特定の部位のみの受診や、PET検査、CT検査のみの受診
総合健診と一般健診の両方の補助を受けることはできません。
1.総合健診(人間ドック)
対象 35歳以上の被保険者・被扶養配偶者
補助限度額 80,000円(消費税込) ※乳がん検診、子宮がん検診をオプション受診した場合、上限各々5,000円を加算
(Max. 90,000円)。
ただし、婦人科健診を含む人間ドック・コースの料金が80,000円以内の場合、上限額は 80,000円
補助の対象 特定健診の健診項目をすべて含む基本的なコース、検査オプション。(一日ドックも可)
※基本コースとオプションの受診が別日程でも、同年度内であれば、可。
受診料の支払 契約医療機関での受診
契約医療機関一覧へ
契約外の医療機関での受診
原則、窓口での支払いは、不要(注)
ただし、補助限度額を超える部分は、自己負担となりますので、必ず、健診費の合計額(明細)をご確認ください。
・超過金の支払い方法(受診の3~5ヵ月後)
A.被保険者が在職中の場合⇒給与から控除 B.特退・任継被保険者  ⇒当組合から送付される請求書に基づき、金融機関の指定口座へ振込
医療機関窓口で全額支払う。
その際、領収書には、受診者名を記名してもらう。
補助申請の手続 不要(注) 』に、領収書(原本)、検査結果のコピー、特定健診質問票を添付の上、健保組合に申請する。
予約での留意点 「住友商事健康保険組合」の組合員であることを伝えてください。  

(注)オプション検査を異なる機関で受診する場合は、契約機関に申し出て、当日窓口で全額自己負担する。
後日、基本コースとオプション検査についてあわせて、「契約外の医療機関での受診」と同様、当組合に補助申請する。

2.一般健診
対象 35歳未満の被扶養者、
35歳未満の被保険者で、会社の定期健康診断を受診できない場合。
補助限度額 10,000円(消費税込)
補助の対象 医療機関が行う健康診断の受診料。
(対象外)脳ドックやがん検診などの特定の部位のみの受診
受診料の支払 医療機関窓口で、全額支払う。
その際、領収書には、受診者名を記名してもらう。
補助申請の手続 』に、領収書(原本)と検査結果のコピーを添付の上、健保組合に申請する。
3.婦人科健診
対象 被保険者、被扶養配偶者
補助限度額 乳がん検診、子宮がん検診 いずれも上限各々5,000円
補助の対象 乳がん検診(マンモグラフィー、乳房超音波)
子宮がん検診(子宮細胞診、経腟超音波、子宮MRI、HPV(ヒトパピローマウィルス)検査 )
受診料の支払 医療機関窓口で、全額支払う。その際、領収書には、受診者名を記名してもらう。
なお、人間ドックのオプション検査として受診した場合、「1.総合健診(人間ドック)」を参照してください。
補助申請の手続 』に、領収書(原本)と検査結果のコピーを添付の上、
健保組合に申請する。
なお、人間ドックのオプション検査として受診した場合、上記申請書による申請に代えて
「1.総合健診(人間ドック)」の補助申請の手続きのとおりとする。

インフルエンザの予防接種を受けるとき

インフルエンザの予防接種にかかる実費全額について補助を受けることができます。
(医師の指示のもと、複数回に分けて接種する場合も全て補助対象です。)

補助の申請の方法
  • (1)「」(1人1枚ずつ記入)
  • (2)「領収証」 … ①予防接種を受けた方の氏名 ②予防接種の種類 ③接種日
    が明記されているもの
  • 以上2点を受診日から6カ月以内に健保組合に申請してください。
「補助対象の予防接種」
  • インフルエンザ(日本国内で使用が認証されているワクチンに限ります。)